読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みきやんの自由気ままブログ♪

ダイエット・料理・育児・最近気になる事など自由気ままに書いていきたいと思います!

改めてマイナンバーってどんな時に使うものなのでしょうか?

日常のあれこれ♪

去年お家に届いたマイナンバー通知カード

 

そして、今年(2016年)の1月から社会保障、税、災害対策の行政手続きで一人一人に与えられた12ケタの番号であるマイナンバーが必要になりました。
 
具体的にどんな時にマイナンバーが必要なのか?
 
また、マイナンバーカードを交付申請したほうがいいのか?
 
マイナンバーが他人に知られるとどのような危険性があるのか?
 
いろいろ疑問があったので調べてみることにしました!!!
 

マイナンバーが必要な時とは?

 
今年に入って
個人的にさっそくマイナンバーを告知する機会がありました。
 
・1回目は旦那さんの職場の年末調整の時
 
・2回目は母子手帳発行の手続きの時
 
 
他にもマイナンバーが必要な時はこんな時みたいです。
 

・年金や雇用保険の資格取得や確認、給付

・医療保険の給付請求

・税務当局の内部事務

・被災者生活再建支援金の支給

など
 
他にも

パート、アルバイトの勤務先、児童手当の申請時、源泉徴収票の作成

をしてもらう時などにマイナンバーの告知が必要らしいのです。
 
 
行政だけではなく民間までともなると幅広くて、
もしマイナンバーを悪用する人が民間企業の人に成りすまして
「あなたのマイナンバーが必要なので教えてください」などと言われたら教えてしまう可能性がありますよね。。。( ̄д ̄;)
 
こわい・・・
 
 
ですが、どうやらマイナンバーを知られただけでは様々な手続きはできないようになっているみたいですが・・・
 
むやみにマイナンバーを見られない!教えない!
ということを心掛けないといけないみたいですね。
 
 
 

マイナンバーカードにするとどんなメリットがあるのか?

 
本当はマイナンバー通知カードだけを持っていようと思っていたのですが、
 
なんかペラペラな紙で外に持ち出す時に無くしそうで不安だし・・・
 
カードにするとどれだけ便利になるものなのか・・・
 
調べてみると多くのメリットがあるようですが、
私が便利だな〜と思ったのはこれらの3つです。
 

①マイナンバーカードには顔写真が載るので公的機関や口座開設など身分を証明する書類の一つとして(免許証の代わりなどに)提示することもできる。

 

②コンビニなどで住民票や印鑑証明書など公的な証明書を取得できる。

 

③市区町村や国などが提供する様々なサービスごとに必要だった複数のカード(ポイントカードや公共施設の予約に必要なカード、図書館カードなど)がマイナンバーカードに一体化できる。(市区町村による)

 
 
とくに私の住んでいるところは市役所が遠く、
小さい子どもがいるとなかなか行けません。
また、住民基本台帳カードも持っていなかったので
すぐ住民票などが必要な時は近くのコンビニなどで取得できるのはかなりありがたいと思いました(*^^*)!!!
 
また、住民基本台帳カードを持っている方は有効期限まで使えるみたいですが、
マイナンバーカード交付と引き換えに返納するみたいですね。
 
 
そして、これからはこんなこともマイナンバーカードでできるようになるみたいなのです。
 

・預貯金口座へのマイナンバーの付番(任意)

・診療情報の管理

・健康保険証の機能搭載

・クレジットカード、キャッシュカードとしての利用

・ポイントカード、入退者管理、社員証として利用

など
 
*「預貯金口座へのマイナンバーの付番」はもし、金融機関が破たんした時の自己資産保全のための預貯金額の合算などに利用できるみたいです。
 
 
普段持ち歩いていない保険証などが外出中に急に必要になった時や
お薬手帳を忘れたり、持っていなくて自分が今どんな薬を飲んでいるのかわからない時などはマイナンバーカードを持っていれば薬の服用履歴が分かったり手続きなどができるようになるということですよね。
 

マイナンバーカードの危険性

 
これから先、様々なことに使えそうで便利なマイナンバーカードですが、
このカード一つでその人の全てが分かってしまいそうで怖いところもあります((((;゚Д゚)))))))
 
先ほどちょこっと書いたようにマイナンバーだけを他人に知られただけでは様々な手続きはできないようになっているようです。
 
また、カードにはICチップがついていますがそこから情報を得るには暗証番号も必要ですし、プライバシー性の高い個人情報は記録されていないようです。
 
*カードから読み取れる情報→氏名、住所、生年月日、性別、個人番号、本人写真、総務省令で定める事項、市町村が条例で定めた事項
 

そして、来年(2017年)1月から利用できるマイナポータルからでも
行政機関がマイナンバーの付いた自分の情報をいつ、どことやりとりしたのか確認でき、行政機関が保有する自分に関する情報や行政機関から自分に対しての必要なお知らせ情報等を自宅のパソコンなどから確認できるようになるみたいです。
 
*ちなみに、こちらのマイナポータルはICチップがついているマイナンバーカードでログインできる予定だそうです。
 
 
とてもざっくりですが・・・
 
今持っている免許証やクレジットカードなど重要なカードと一緒でマイナンバーカードも大事にうまく使えばとても便利なものになるのではないのかな〜と個人的に思いました(・◇・)/
 
まだマイナンバーカードの交付申請をするか悩み中ですが、前向きに検討してみたいと思います!!
 
 
これらのサイトを参考にさせていただきました。
詳しくはこちらをご覧ください↓↓